北大天文同好会

各種観測会


合宿

ゴールデンウィークに春合宿、夏休みに夏合宿を実施しています。
春合宿は札幌近郊で2泊3日の日程で行われます。
夏合宿はペルセウス座流星群の極大日近くである8月中旬に約2週間の日程で行われ、
会員は期間内で自由に開始日と終了日を決めて参加します。
青春18きっぷを活用し、札幌から約9時間かけて
道北の天塩や、道東の置戸に向かい、廃校となった施設に宿泊しながら天体観測を行います。
星の見えない昼間は車で観光に出かけます。これもまた合宿の楽しみの一つです。

置戸にある合宿地です



古山観望会

古山観望会は春・夏・秋の年に3回、古山という地区の公民館を借りて、
子供たちに星の解説をしながらいっしょに望遠鏡をのぞいてみるという行事です。
札幌から40kmほどの場所ですので、気軽に行くことができます。
公民館に泊まれるのでとても快適です。




ゲリラ観測会

名前の通り、ゲリラ的に実施される観測会です。
「星が見たいなー」「明日天気と月の条件いいぞ〜」「ふたご座流星群見なきゃ」 などといった声により突然企画され、代々受け継いでいる観測地まで車を走らせます。

深夜には冷えるのでシュラフにくるまって観測することもあります

時期と天候にもよりますが、キレイな朝焼けや夕焼けが見えたりもします




望来浜観望会

2016年6月、海開きの"前"に石狩湾の望来浜というところに行き、夕方は砂浜でバーベキュー、夜になったら天体観測をしました。
望来浜は札幌から30kmほどのところにあり、男子は自転車で行きました。