北大天文同好会

活動紹介


天体観測

天文同好会ではもちろん天体観測を行っています。定期的に企画される長期休暇中の合宿をはじめ、 地域の子供たちに星について知ってもらう古山観望会や、 気象の条件が良い日に突発的に開催されるゲリラ観測会など、さまざまな形態の観測会があります。

とあるゲリラ観測会の風景です

その他イベント

天文同好会で行っている上記以外の活動です。
みんなで甘いものを食べに行く「スウィーティ」という企画が不定期で行われたり、 7月には札幌近郊地域で観光をする「初夏観光」が企画されたりします。
2年前の夏には北大恒例のジンパもやりました。
また、大学の長期休みを除いて毎週行われる例会の後に 「ご飯会」があるのですがこれもイベントって言っていいのでしょうか。

この他にも多くの活動を行なっています。


プラネタリウム

毎年6月に北大で開催される楡陵祭では、会の2年生が中心となって、プラネタリウムの運営を行っています。
恒星球と呼ばれる投影機や星々を映し出すドームを手作りし、 当日は季節の星座についての解説をおこなっています。
2016年度は約420人のお客さんにお越しいただきました。

2016年度の学校祭プラネタリウムの様子です
このように投影します(写真は2015年度の恒星球)


<主な行事>
(4月)   新歓説明会
 星を見る会
 新歓プラネ
 古山観望会(春)
(5月)   春合宿
(6月)   楡陵祭プラネタリウム
(7月)   古山観望会(夏)
 初夏観光
(8月)   夏合宿
(11月)   古山観望会(秋)